どうも、レビです。


私は目が悪くて眼鏡をかけているって話は結構してきましたが…あっ、眼科の予約は1週間くらい先なので、まだコンタクトはしてませんよ。


目が悪くなったのは小学4〜5年生の時でした。

急に本の字がボヤけるようになったんです。目を擦っても治らないけど、本を少し近付けると見えるみたいな。


その頃の席替えはくじ引きでした。

全員の席が決まった後に、目が悪い人は自己申告して前の方の席の人と交換してもらう方式でした。


私は1つでも後ろの席に行きたい。


くじを引くと、1番後ろの席。


41A3215F-A884-44F8-BEC0-682BA7A08434
※心の中


もちろん、先生の「黒板見えない人はいるか〜?」はマトリックス回避です。



しかし…黒板の文字……ん?そもそもあれは字なのか?モヤモヤっとチョークを擦っただけじゃないのか?…うん、見えないな。


何故この時親に言わなかったかというと、私は家でゲームばっかりしてたんですね。

それで、「そんなゲームしてたら目ぇ悪くなるよ!」「大丈夫だってぇ。」ってやり取りをしてたんですよ。

どうやら、ゲームが原因で目が悪くなる事はないらしいんだけど、その時は「…やばい!」と思いましたよ。


家で勉強なんて絶対したくないし、でも授業を放棄するなんてできないし…



そうだ、目がダメなら耳で勉強しよう!


その日から私はノートを取る事を諦めました。教科書と先生の説明を聞いていればノートとシャーペンなんていらないのです。

授業は余裕で理解できたし、テストも問題ありませんでした。


なんだ、できるじゃん。



でも私は忘れていた。ノート提出を。


とりあえず友達にノートを借り、しばし考える。

全部写すのは面倒くさい。よし、大事そうなところだけなんとなく書こう。


他の人より明らかに文字数が少ない私のノートは、二重丸を付けて返ってきました。


そこで学んだ私は、日々、授業中の先生の話の要点を提出用にノートにまとめる作業をするようになりました。

これで友達にノートを借りる手間が省ける。


でも、文字を書いている間は次に書く言葉が頭の中にひしめくので、その端っこに隙間を作って先生の話を聞く感覚でした。

…なんだこの作業は。勉強の邪魔だな。



うん…私、思うんだけど、勉強にノートっていらないんじゃない?

蛍光ペンとか定規とかを使って綺麗なノートを作ってる人がいたけど、あれは必要ないよね?



私は頭が良かった…といっても、有名校に行ったわけでもないし、模試(?)とかいう塾に通っている人が受けるエリートテストも受けた事もないし、そもそも塾に行った事もないし…ってな人のただひとり言なので、深い意味はありませんからね。


1740DE6A-6050-4256-90E0-CBA94E8FA3AB



頭が良い人のノートは汚い。

後から見返そうとノートを開くと瞬時に閉じたくなる程に。なんて書いてあるかが辛うじて読める程度です。

でも、見返す必要がないからなんです。授業の内容は、大体その授業で覚える。

後にテストの問題で聞かれた時、「それはたしか…」と、まるで昨日観たテレビ番組の内容を思い出す時のように脳内を見渡す。

すると、記憶が蘇ってくるので、「あーはいはい、それね。」と、解答欄にはめていくだけなのです。


よく、テスト前に何時間も勉強するって人がいるけど、意味がわかりません。

…何時間も、なにしてんの?


1度しっかり聞いた事は、忘れてもすぐに思い出せると思うんですよ。

それなのに何時間も?何日も?…授業を聞いてないからだよ(´-ω-`)



でも私は、学力と人間性は別物だと思っています。

そりゃあ賢い人は魅力的ですよ。ええ、好きです( ・`ω・´)

学校での成績が良くなくても魅力的な人もたくさんいます。


そこは勘違いしないでいただきたい。



ただ…学力が低い事は個性ではあるが、それを武器にしようとした瞬間に欠点になる事を忘れるなかれ。






日々の出来事ランキングへ

にほんブログ村 その他日記ブログ 20代女性日記へ
にほんブログ村