どうも、レビです。


バレンタインデーに手作りのチョコケーキをくれた女性がいます。

あ、ガトーショコラだった(`・ω・´)←覚えたて

その女性はAちゃんとしましょう。…別に名字が矢沢なわけではないですよw


で、ホワイトデーのお返しをしました。


で、なんか告白されました(꒪ω꒪)


そのAちゃんは私(24歳)の1つか2つ年下です。

そう、年下。

年上好きというか年上しかダメな私にとっては、生まれた瞬間からナシな人なのです( ̄▽ ̄;)


チョコケ…ガトーショコラをもらった時から、この鈍感な私でさえも気付くくらいのアピールをされておりました。

私の全てを褒めてくれました。


私「コンタクトしてるんだよね。」

Aちゃん「カッコいい!」

私「コンタクト取ったらホント目が悪くて…」

Aちゃん「可愛い〜!」



33FAE405-D478-47A8-866D-752C5D9494FC

…悪い気はしないよそりゃw


でも、Aちゃんには私が両性愛者だって言ってないし、普通に男が好きで男にモテそうな雰囲気だったからそこまで気にしていませんでした。


…君はストレート(異性愛者)ではなかったのかいな(꒪ω꒪)?


聞いてみると、今まで女性と付き合った事はないそうです。

私とは数人でご飯を食べた時に初めて会って、その時の私の振る舞いが男よりイケメンだったからいいなと思ったそうです。どゆこと?w



とりあえず付き合えない事を伝え、私は考えました。

Aちゃんが本気で私の事が好きならば、それは私にとってのあの人だろうと。


私はパチンコ屋さんの女性店員さんを好きになりまして…友達になりたくて、LINEを交換しようと自分のIDを書いた紙を常に持って機会をうかがっていた時にお店を辞めてしまったんですよ(>_<)

本当に好きな人の前ではモジモジしちゃって話しかけられないタイプだし、嫌われたらどうしようとか、そらなら今のままがいいかなとか考えちゃって…

その人が辞めると知っていたら一か八かアタックしたかもしれないけど、今となってはどうにも…みたいな( ̄▽ ̄;)



もし、あの時の私が店員さんにLINEを渡したとして、「ごめん、無理だわ〜」で去られたらダメージ半端ない💦

私がモジモジして一歩踏み出せなかったのを、Aちゃんは踏み出したのです。

私には応える義務がある。


Aちゃんは、恋愛対象にはならないというだけで、人としては嫌いじゃありません。


「よければ、友達として仲良くしてほしい。」と伝えました。


そのうち私を知って幻滅して好きじゃなくなるだろうし。←ネガティブ爆発





日々の出来事ランキングへ

にほんブログ村 その他日記ブログ 20代女性日記へ
にほんブログ村