もう一週間以上前の話だけど、すすきの祭りに行って来ました。レビです。


誰と行ったかって?そりゃもちろん…ねぇ?私、一応恋人いるんですよ。だから…


おばあちゃんと行きましたよ😑


友達いないからね。

…本当は、仕事帰りに待ち合わせして、ついでにお祭り行きました。行く予定なかったけど、おばあちゃんが行きたいって言うから。

私は、人がたくさんいるとこ嫌。人酔いするし、迷子になりそうになるし、なんでそんなテンション高いのかわからないし。


すすきのってさ…やっぱえっちなのが多いのよ。

看板も挑発的ね。マニアックなお店ね。キャッチもイケてる人が多いのね。


健全に、お神輿見て、ビール一杯ずつ飲んで帰りましたよ。


すすきのといえば、りーと来て、ハンバーグを食べたんだよね。

ちょっと高いけど、飲み物、サラダ、ご飯、お味噌汁、ハンバーグ、デザートが付いてるお店。

すすきので、ちょっと背伸びするならそこしか知らないんだけどね。


結構ボリュームあって、お腹いっぱいになるの。飲み物はお酒でもよくて…そうなるとお酒頼むじゃない?


食欲が満たされ、お酒も入ると、私は……超眠くなる。そして、ちょっと機嫌が良くなる。


眠い私、そんな私を見つめるりー、場所はすすきの。


「すすきのっさぁ…ホテルあるよね?」

「……ふぁ?なんでー?…まさかぁ、ホテルとってないのー?ばぁーかw」


ぐっと顔を寄せてきて、


「……犯すよ?」

「へへっ…その時は通報するもん。網走刑務所へようこそ〜」

「じゃあ、捕まる前に存分にやっとかなきゃね。…8回くらい。」

「おぉ〜!縁起いい〜!末広がり〜!8犯し…いとおかしみたいーw」

「全然危機感ないしっ!マジで犯すよ?」

「マジで犯されんの?中途半端によりはいいかぁ。…ねぇねぇ、女同士でも犯すなの?」

「まぁ…ニュアンス的には…間違ってないんじゃない?それに、物理的にも…」

「あ。愛するりーに玉ねぎをあげよう!」

「いや、食べなさいよ!酔ってても嫌なものは嫌なのね。」



食事中の会話である。

もちろん騒がず、周りには聞かれないように気をつかったけど、それでも周りには他のお客さんがいただろうし、家族連れもいたかもしれないし、何度か店員さんだって…


私はお酒を飲むとすぐ赤くなる。でも別に酔っている訳でもなく、多少眠くなる程度で特に変わらないと思う。

でも飲む相手によっては、同じ量を飲んだとしても酔っ払う事がある。

それは無意識に、“自分が酔っ払って頼っていい人”なのかを判別しているからかもしれない。


そして、りーは間違いなく“頼っていい人”に入っている。

外で飲む時、一人がしっかりしてなきゃいけない状況の時、その役はりーになる事が多い。家だと二人して酔っ払うんだけど。

気の持ちようなんだろうね。酔うかどうかって。


外に出て二人並んで歩いていると、キャッチのお兄さんに、

「お姉さん方!寄ってかない?イケメン揃いだよー?」

間髪入れずに

「いえ、間に合ってますから。」

んじゃ、私も

「から〜!」



「私イケメンー?」

「んな訳ないじゃん。」

「えー!……うぅっ……さっきのハンバーグ出そう……」

「うそっ⁉︎」

「うっそー!本当は……さっきのチーズケーキが出そう、でした〜!」

「うざっ!…まぁ、いつも通りっちゃあ、いつも通りか。」


移動中の会話である。

周りには(以下略。


「ねぇ…本当に8回…いい?」

「8回なんてさー、もう1日がかりの作業だよwもはや拷問だー。網走、網走ー!」

「呼ぶなら警察なんじゃないのwじゃあ…4回は?」

「4回なんて半日がかりの作業だー!網走、網走ー!」

「網走を呼ぶなwじゃあ、2回。」

「……じゃあ、私は6回なの?」

「なんで8回が基準になってんのw…2回はいいの?」

「んあ?…さっきからなんの回数だぁ!ちょっと私が酔ってるからって、騙そうとしてる!オレオレ詐欺だ!網走ー!」

「オレオレ詐欺ではないじゃんw…もー!勝手にするからね!」

「やっ……痴漢だー!苫小牧ー!」

「網走でしょ!……いや、網走でもないけどさw」



部屋での会話である。

周りには…誰もいなかった。



なんでこんな覚えているかというと…

私、酔っていても記憶は確かな方で、でも酔うとそれなりに酔った言動になる訳で…

覚えているのが辛い時もあるw


この時の自分の言動はなかなか恥ずかしい。しかし!敢えて書く!それが私!

りーも巻き込んで、恥を書く!
それが…私!


にほんブログ村 恋愛ブログ 年上彼女との恋愛へ
にほんブログ村


自己満日記ランキングへ