レビの「バイなら人生倍〜…?」

バイな私と彼女(リー)との事、趣味の事など色々書きまくります(╹◡╹) 暇な時に見てやってください💕 コメント・読み逃げ大歓迎です‼️

タグ:次回予告

また意味深な次回予告してしまいました。せがわまさきさん、いつもお世話になってます。



はい、レビです。

1週間程前に書いた記事↓

http://levy.blog.jp/archives/24137056.html

私にとってはとても大きな出来事だった。


…後日談というか今回のオチ。(←おいw



電話では、とりあえず許してもらった感じになったけど、あくまでもとりあえず。

私は、私から謝りたいと思っていた。
会ったらまず謝ろう。でもなんかズルくない?家に行ってからの方がいいか。大勢の人の前で謝られても、選択肢が限られるじゃない。二人きりになってからの方がフェアな気がする。


りーがいつものように迎えに来てくれていた。すごく久しぶりな感じがしたけど、そうでもなかったね。


りーは、いつも通りだった。

まるで、何もなかったかのように。


それが本心なのか、気づかいなのかはわからなかったけど、私は辛かった。


私から、謝る理由を取らないでよ。


助手席で話に相槌をうちながら、悶々としていた。


…先に謝ってしまおうか?


その“しまおう”という言葉に罪悪感を感じ、思い留まる。そしてすぐに、罪悪感を感じた事にほっとする。


長く感じた家までの道。本当に長かったんじゃないかな?

「信号運が悪かったね。」

あぁ、そうだったね。そうだった。


エントランス、エレベーター…部屋に入るととても静かだった。

…よし。言うぞ!

私から謝っ……


「今日さぁ、何食べたいー?」

「ん⁉︎ああ!えぇーと…」


まず、と思ってたのに…でもこれでちょっと話しやすくなったかも。

言わねばっ!


「あのさぁ!…この前は浮気していいみたいな事言ってごめん。やっぱり、浮気しないでほしい。…あと、メールとか、電話とか…ありがとう…」

「…うん……ありがとう。」


…なんの“ありがとう”なの?聞く余裕はなかった。それより…


「……許してくれたの?」

「普通、今の感じだったらわかるじゃんw
……許すよ。」

「…ありがとう。」

「ん。ありがとう。」


…よかった。ありがとう。


「レビちゃんはさ、最初の頃は全くわからない人だったのよ。

すごく真っ直ぐなのに、すごくデリケートですぐ悩む。でも、それを見せないようにするのが恐ろしく上手いから…

悩みなんてないように見えるけど、実はすごく悩んでたり。強く見えるけど、実はすごく弱かったり。

ほんと、心が忙しいというか、めんどくさいというか…でも、そこに気付いてしまえば、すごくわかりやすい人なんだよね。

だからね…結構、わかるから、大丈夫。」



…そういうの、ズルいし。

なんで、私より私を知ってんの。しかも、それを言葉にできるとか、反則じゃん。


でも…なんで嬉しいんだろう。


なんで……言葉が出ないんだろう。


いつもなら、冗談の一つでも言って…


…どうしたらいいのかわからない。


逸らした目が、行き場を失って…またりーを見返した。


目が合った瞬間、ぎゅっとされた。


「…絶対、そうすると思った。ね?大丈夫だったでしょう?」


…うん。大丈夫だった。

いつもそうだったのかもしれない。

私が悩みたいだけ悩んだ後にちょっとだけ助けてくれる。必要ならば、その前にも。


私より私を知ってる人がいるというのは、なんて心地良いんだろう。なんて幸せな事だろう。

そしてその人が…私の内面を知っている人が、私を嫌わずに、好きと言ってくれる…こんな私を…そんなに素敵なあなたが。


「…ありがとう。」

「もう、何回目w」

「……ありが…とう…」

「……うん。」




にほんブログ村 恋愛ブログ 年上彼女との恋愛へ
にほんブログ村


自己満日記ランキングへ

はい、レビです。


前回、意味深な次回予告をしましたが……一言でいうと、ケンカしました。

どんな感じだったのかは……しかと見よ!




私は前から不安だった。りーを満足させられてるのか。

わかってるのよ。気持ちの問題でしょ?こんな話したら誰だってそう言うし、私だってそう思う。


精神的に満たし合えればそれでいい。

わかるけど、でも、もし…もし、りーが不満を感じていたら、私はいやだ。

聞くのは怖いけど、確かめる方法もわからないし。もやもやする。


そんな事を思っていた時、言ってしまった。


「りーさぁ…もしあれだったら、ちょっとくらい浮気してもいいよ?たまには違う人のところに行くのも…さ。私は、気に…しない…し。だから、たまには……」


自衛手段。個性。私の長所であり、短所。

言ってる途中からわかった。
りーが怒ってる。


「……はぁ⁉︎何言ってんの⁉︎浮気してもいい?冗談でも言ってほしくないわ!付き合ってから一人の時、一度もAVだって観てないし!」


前は観てたんかーい!w……なんて、言えばよかったのかな?

何も言えなかった。

私が伝えたかったのはそうじゃないのに。


そして、 タイミングが悪かった。帰る直前だったから謝るタイミングを逃して、そのまま帰った。


りー、怒ってたな。

…もしかしたら、もう……



次会う約束の日が近づく。私が会いに行く日が。どうしよう…


でも、私から…私からだ……


言葉を考えて、消して、何度も何度も。


やっと形になりかけた時、りーからメールがきた。スマホを落としそうになる。


『◯日、来るの?』


…どっちの意味?…私は……


『行かないわ。家で反省してるー。』


さっきまで考えてたのとは全く違う。

そうじゃないのに!まただ…また…私ってやつは……


怖い。なんてくるのか。
「そう。」なんてきたら…

返事がきた。


『その反省は、場所を選ぶの?』


“その反省は、場所を選ぶの?”その一文の意味を理解する間もなく、電話がかかってきた。

3つ数えて電話に出る。


「もしもし…」

「…メール見た?」

「あ…うん。」

「で?…その反省は、場所を選ぶの?」

「……いや…別に。」

「じゃあ…ウチ来て反省したら?」


それって……


「……それって…行ってもいいって事?」

「…違うよ……おいでって事だよ。」

「……行くよ……会いに…行く…!」


声が震えた。
言葉じゃ足りないくらいの気持ちだった。


「…ところでレビちゃんは、何を反省するの?w」

「反省……色々だよ。」


ここで素直に言えなかった事も含めてね。


くだらないケンカだと思うかもしれないけど、というか、ケンカにも満たないかもしれないけど、私にとってはくだらなくなかったよ。


それにまだ謝ってないし。細かく言うと、解決も。

次会ったらちゃんと謝ろう。そのチャンスをくれたんだよね。

手紙でも書いていこうか。また違う事言うかもしれないし…それはズルいか。


でも、また会える…


いつもは誰かに相談するなんて滅多にない私だけど一人にだけ、細かい事は一切言わずに例え話として話した。

まぁ、相談という訳でもなかったけど。あと一押しがほしくて。

その人のおかげで、私は、私からメールしようと思ったけれど、それは結局送られる事はなかった。


…本当は、送れればよかったのにと思う。


私一人の力で書けた文じゃなかったかもしれないけど、私から、言えたらよかったのにと思う。

そうやってまた、うじうじと密かに後悔するのも私の個性なんだ。


私は今回二度救われた。あなたと、あなたに。

自覚があるのかわからないけど。
人は人を助けない、勝手に助かるだけ…なのかもしれないけど。

それでも恩を感じるのも人の性だと思う。


だから今度は、できたら、私が救いたい。あなたと、あなたを。



にほんブログ村 恋愛ブログ 年上彼女との恋愛へ
にほんブログ村


自己満日記ランキングへ



↑このページのトップヘ