どうも、レビです。


この前近くの図書館に行って衝撃を受けました。

私が大好きな西尾維新さんの『物語シリーズ』が揃っていたのです。


DBA94012-A6D6-4016-A20D-409FD72C59C7


本の状態から察するに数年前からあったのでしょう。


…買い揃えなくてもよかったのかorz


単価が高いし、何冊もあるので…数万円…

まぁ私の場合、気に入った本は何度も読み返すので元は取れる…と思っている。(本の元って何だwバイキングか!w)



だいぶ前にここの図書館で遠藤徹さんの『姉飼(あねかい)』を読んだんです。

知ってますか?知ってる人はわかると思いますが、図書館で読む本じゃない!w

でもなんとなく、また読んでしまいました。


※あ、画像は全然大丈夫ですが、文章的にちょっとグロ注意です。若干ネタバレもあります。


表紙がなかなかトラウマなのでセーフティーなところまで下げておきましたよ👍


E11715EF-3848-4A96-99D3-315FE05DAFE5

たしか、「ずっと姉が欲しかった。姉を飼うのが夢だった。」から始まったと思います。

主人公が子どもの頃に、縁日で「姉」が売られているのを見て魅了され、大人になってから飼うんですがね…


「姉」というと、綺麗なお姉さんを思い浮かべて…しかも「飼う」だなんて…😳


しかしですね、ここに出てくる「姉」というのはなんとも悍ましい存在なのです。

「姉」を購入する時は、「1串くれ。」と言います。…串に刺さっているからです。

そうしておかないと、人間なんて食い殺されてしまいそうなのです。もちろん、「姉」はぎゃあぎゃあ喚いてます。


事細かに描写された「姉」は、遠藤さんの文章力のせいもあって、悪臭すらも漂ってきそうな程ドロドロと汚い“怪物”である事がわかります。


そんな「姉」を飼ってどうするのか…なぜ「姉」に魅了されるのか…それは是非とも読んでいただきたいと思います。


2F3C3FBD-B591-4B37-9DAE-9EB0160B3632



ここまで書いておいてなんですが…この小説、詰めが甘いのです。

世界観とかストーリーは独特で面白いんだけど、こう…発想に技術が伴っていないというか…💦

惜しいというか、もったいないというか…無駄な設定も多い気がします。

前半のインパクトが強過ぎて後半伸び悩む…そんな感じも否めませんが、読み始めてしまったら読み終わるまで止まらない時間泥棒ではあります。



内容的には「エログロ」かと思ってました。『少女椿』のような、ジメジメしてて、みんなが見て見ぬ振りをする裏側のような印象でした。

でも読み終わると…エロは少なかった。男が女を飼うだなんてソッチ系だと思っていたけど、もっと深層心理的というか。


あ、私はソッチ系は苦手です。AVでも苦手ジャンルです。

男が女を無理矢理…みたいなのは愛がないじゃないですか。AVに男が出てきた時点でちょっと冷めますが😑

だって女同士だったら無理矢理といっても見た目は…


わかる人だけわかってくれれば満足!

では、さようなら!





日々の出来事ランキングへ

にほんブログ村 その他日記ブログ 20代女性日記へ
にほんブログ村