どうも、レビです。


私は読書が好きです。

でも“レビ”しか知らない人にはとても意外がられます。

私と会った事がある人は“レビ”の方を意外がるんだけど…安心してください、同一人物ですよ( ・`ω・´)☆


だいぶ前に読んだ本をまた読みたくなって、いろんなお店を探してたんだけど見付からなくて、もうアマゾンで買ってしまおうかと思っていたらですね…図書館にあった♡


その本がこちら。

2700561D-A9FD-4710-8BF9-792E22E44010
阿川佐和子さんの『無意識過剰』


阿川さんといえば『サワコの朝』という、「…部屋じゃない方(; ・`д・´)⁉︎」と思ってしまう紛らわしい番組の方です。…あ、褒めてます。

90C61121-A31B-4711-86CE-07FA11032A0E


阿川さんは自身でも「肩書きは?と聞かれたら困る。」と言う程いろんな事をやっている人らしいです。

その“いろんな事”もちょいちょい本に登場したりします。


この本を読んだのは忘れもしない…あれは…まだ肌寒い春の朝……いや、月が綺麗な秋の夜……

この『無意識過剰』というタイトルに心をガッチリ掴まれt…あっ!太陽が照り付ける真夏の昼下がりだったかも…って……



B2C8EBC4-A526-46ED-B8B1-09FCC24D727F

ボケとツッコミを1人でやるから、ちょっと油断したらこれだよもぅ(๑•́ ₃ •̀๑)



…で、内容はよかったですよ。短編のエッセイ集で読みやすいし、はい。


阿川さんはとても魅力的な方で…あ、恋愛的な意味じゃなく。

女性作家さんに多い、女性特有の周りくどい表現が少ないです。

下手な人の比喩表現は読んでいるこっちが恥ずかしいじゃないですか。そういうのもないです。


仲が良い檀ふみさんとのエピソードも微笑ましい。

天然の檀ふみさんを客観的に見つつも放っておけずにいる阿川さんとの関係性もなかなか見応えがあります。

EDEBC99B-77DE-4BAE-9685-EC063DF39DC7

この本では同じ事を阿川さん目線と檀さん目線でそれぞれ書かれていて、なんというか…違う目線からの愚痴集のようなw

でも読んでいて全く嫌じゃない愚痴も珍しく、文章の書き方も言い回しも人によって全然違うものだなと思う一冊です。


何か大きな出来事がなくてもずーっとレールを繋げていけるような…脱線しているようで脱線していないけど、たまに脱線しているような……まるで…私のように…(*´꒳`*)


………。



この本に中国茶の話が出てくるんですよ。その流れで紅茶の話になるんです。


出された紅茶を飲む暇もなく移動しなければならなかった時、その紅茶はさぞ不本意だっただろう。

化けて出てきても当然かもしれない。


「うらめティーや。」




こんなチャーミングな阿川さんに魅力を感じずにいられようか!

まだまだ阿川さんの魅力は語り尽くせないのでこれから100パートに分けてお送りし……そうか、ツッコミ不在か。


気になった方はお近くの書店に…なかったら意外と図書館にありますのでGO☆





日々の出来事ランキングへ

にほんブログ村 その他日記ブログ 20代女性日記へ
にほんブログ村